アマゾンで購入する
楽天で購入する
丸山 学 著作
Web2.0的仕事術
(PHP研究所¥1,260)
丸山 学
ノーリスク起業家 丸山学
1967年、埼玉県生まれ。
民間企業の経理・総務課長職を経て、2001年8月行政書士事務所を開業。

会社設立手続き、契約書作成代理、資金調達などの法務面だけでなく、マーケティングやビジネスモデルの構築など経営全般において、起業家を徹底的にサポートする。商工会等での講演やテレビ、ラジオ、雑誌等のマスコミ出演も多数。
丸山学プロフィール
マスコミ出演・掲載
セミナー・講演会
ブログ 日記

丸山学の書籍リンクページ
他人の力をフル活用して稼ぐ法法
Lucrative Method to Fully Utilize Other's Capability

Web2.0的
仕事術
Web2.0 Oriented Business Mind

弱者が一瞬で強者に変わる
The Weak Instantaneously Changes to the Strong

集合知、性善説、ユーザー参加、
破壊的戦略、ロングテール‥‥。
弱者が逆転するのは、
今しかない!


 はじめに
セミナーのポータルサイト『セミナーズ』
http://www.seminars.jp/
セミナーNo.1サイトとして定着していますが、その裏には「月間400〜500もの優良コンテンツが自動生成される」という計算され尽くしたビジネスモデルが存在しています。
特定分野のポータルサイト構築を目指す起業家のお手本となります。

お取り寄せグルメレビューサイト『TORICO』
http://www.torico.info/
本書の根幹を支える「Web2.0ビジネス構築の3ステップ」を提唱する高橋要氏が運営するサイトです。
開設4ヶ月でユニークアクセス700超、平均ページ閲覧数8〜10を誇ります。
短期間でサイト価値を向上させる「Web2.0」の力をまざまざと感じさせてくれます。

 第1章
インターネット上の百貨辞典『Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/
Web2.0を象徴するサイト。
権威が執筆する百科事典も、Web上の不特定多数の集合知で作られたこの百科事典も内容の正確性は変わらない〜というデータが物議をかもしています。出版社は「調査の仕方がおかしい」と主張。しかし、集合知は権威の知識をも上回るのではないかということでWeb2.0が俄然、注目を浴びたきっかけともなったサイト。

0円で簡単に開設したWiki
『SEO対策塾〜検索エンジン最適化の極意@Wiki〜』
http://wiki.livedoor.jp/seo_maru/d/FrontPage
これは私が作ったWiki。
「SEO」という時代とともに変化する情報をWikiを使って常に最新情報を保てないかという試み。
是非、みなさんも書き込み、修正、追加をお願いします!

無料のWikiサービス『ライブドアWiki』
http://wiki.livedoor.com/
『Wikipedia』みたいなシステムを自分も所有できたらいいなあ〜なんて考えていたら簡単に出来るんですね。
しかも無料で!
上記の『SEO対策塾〜検索エンジン最適化の極意@Wiki〜』も、このサービスを利用して開設しています。

日本最大のSNS『mixi』
http://mixi.jp/
登録されている方も多いのでは?
ちなみに、私もmixiをやっています。既に面識のある方はマイミクできますのでお声がけくださいませ。(但し、返事は遅いです!)

 第2章
書籍『ウェブ進化論』(梅田望夫著 筑摩書房)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480062858/
これを読まずして「Web2.0」は語れないですね。
日本にWeb2.0を浸透させたのは間違いなくこの本です。
「子供の頃に誰もが考えた1億人から1円づつ貰えたならば」という馬鹿馬鹿しい発想がWeb2.0の世界では実現しつつあるという件に私は最も衝撃を受けました。

書籍『グーグルGoogle 既存のビジネスを破壊する』(佐々木俊尚著 文藝春秋)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4166605011/
Googleの恐ろしさをつくづく感じさせてくれる一冊。
どんな事業をやっていても、Googleがいつ破壊者となって自分の業界に襲い掛かってくるか分からない今、自分のポジションを再確認しておくことが重要。
必読の一冊。

検索エンジン『Google』
http://www.google.co.jp/
言わずと知れた検索エンジン。
敵か?味方か?
それは誰にも分からない・・・

世界を見渡す3Dソフトウェア『Google Earth』
http://earth.google.co.jp/
こんな凄いものを無償で提供してくるところにGoogleの恐ろしさを感じます。
・・・と、言いつつも楽しいのでやっぱり使ってしまいますね。
みんな自分の家や会社を見た筈・・・

『Amazon』
http://www.amazon.co.jp/
SEOという観点から見るとAmazonというのは恐ろしいサイトです。
日本の書籍の年間出版点数を是非、調べてみてください。
その数だけAmazonは自動的にコンテンツを量産しているのですから。

SNSシステムの無料レンタル『FC2 SNS』
http://sns.fc2.com/
無料で自分がSNSの運営者になれます。
ここから、どんなビジネスモデルを構築できるか考えてみましょう!

『GoogleAdWords』
https://adwords.google.co.jp/
Googleの検索結果に連動して表示されるテキスト広告。
Googleはこの「広告収入」をキャッシュポイントにしたことで、様々な破壊的ともいえる戦略を可能にしています。
とはいえ、私たち中小零細企業にとっては成果報酬で低料金で出稿できるありがたい広告制度です。

『GoogleAdSense』
https://www.google.com/adsense/
上記『GoogleAdWords』とは逆に、自分のサイトに気軽に広告を貼れるシステムがこれです。
どんなにアクセスが少ないサイトでも、この『GoogleAdSense』のおかげで広告収入型のビジネスモデルを展開できる道が開かれました。

 第3章
『Yahoo!知恵袋』
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/
どんな質問でも、Web上の誰かが答えてくれる。
このシステムが「情報」「知識」「ノウハウ」の価値を0円にしていきます。
では、「情報」「知識」「ノウハウ」を売り物にしている専門家は今後、どうやって稼げばいいのかは本書にも書いたとおりです。

『国民生活金融公庫活用術』
http://www.marujimu.jp/
私が運営するサイト。
下記のブログを付け足してWeb2.0化を図りました。
今後はどうやって「ユーザー参加」「集合知」を作り出すかがカギですね。

ブログ『起業家・中小企業のための資金調達(融資)実例集』
http://marujj.blog57.fc2.com/
書籍内にも書きましたとおり、上記と連動したブログです。

 第4章
『AllAbout』
http://allabout.co.jp/
検索エンジン全盛のなか、「人」を重視した問題解決サイト。
「システムか?」「人間か?」・・・Googleとの対比で考えると面白いですね。

女性限定SNS『Only1.be』
http://only1.be/
日本初の女性限定SNS。
リアルで存在しているコミュニティを、いかにWebに落とし込み「効率化」と「価値の増大」を図れるかという問題の参考になります。
経沢香保子氏率いるトレンダーズ株式会社が運営。

女性起業塾
http://www.w-e.jp/
上記SNS『Only1.be』と同じくカリスマ起業家・経沢香保子氏の主宰するビジネススクール。
何故、競合が増えた現在でも『女性起業塾』が勝ち続けるのかは本書解説のとおり。
おそらく大半のビジネスで参考になる筈です。

参加型セミナー主催『株式会社ラーンウェル』
http://learn-well.com/
本書唯一、リアルビジネスの事例です。
しかし、関根氏の提唱する「参加型セミナー」は、まさにWeb2.0そのものです。
その運営方法がWebビジネスにも参考になります。




このページのトップへ


ホーム会社案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ

家族を路頭に迷わせない!『ノーリスク起業法』の教え
Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.